かたちシステム

2019年02月18日

「出金予定一覧」/「出金入力(出金付け)」/「出金一覧」

仕入編 出金管理 操作説明書

➢ 「出金付け」作業は、支払書の発行前に行います。

➢ 「出金付け」は「出金予定一覧」もしくは「出金入力」より行えます。

➢ 「出金予定一覧」は「期間」で絞込む事で「支払先別当月支払予定」「当月支払総額」等

  が容易に閲覧できます。

➢ 「出金一覧」は「支払先」で絞込む事で「出金台帳」としても利用できます。

 

◆ 「出金予定一覧」から「出金入力」を行う場合

1.会計メニューより「出金予定一覧」ボタンをクリックします。

2.支払先CD・支払先名 等で絞り込み検索を行います。

 

3.検索結果より「支払先CD」もしくは「支払先名」をクリックすると、「出金入力」画面が表示します。

4.「出金日」「出金口座」「出金項目」「金額」を入力し、「確定」ボタンをクリックし完了します。

 ※ 入力結果は、出金一覧へ反映されます。

 

◆ 支払内容を変更する場合

1.会計ニューより「出金一覧」表示し、「出金伝票No.」もしくは「支払先CD」「支払先名」をクリックし、「出金入力」画面を表示させ訂正入力します。

 

◆支払伝票を削除する場合

1.「出金一覧」画面より対象伝票の「選択」欄にチェックを入れ、「伝票削除」ボタンをクリックし完了します。

「支払書」取り消し

仕入編 操作説明書 支払管理

➢ 「支払もれ」や「支払内容の訂正、変更」を行う際に実行します。

➢ 取り消し後は、再度、「支払データ作成」から行って下さい。

注) 但し、「支払内容の訂正、変更」については、仕入確定後の伝票修正、削除は

   出来ませんので、「仕入入力」より「赤黒伝票」の作成にてご対応ください。

   (オプション機能搭載システムを除く)

1.「会計メニュー」より「支払書取り消し」ボタンをクリックし、下図の画面を表示します。

2.「支払書No.」を入力し「確認」ボタンをクリックします。

3.「この支払書を取り消します」をチェックし、「取り消し」ボタンをクリックすることで取り消しが完了します。

【締め処理 (支払) 】「支払データ」作成 /「支払書」発行

仕入編 操作説明書 支払管理

注) 「仕入一覧」で未確定伝票が無い事をご確認ください。

注) 支払書が発行できない場合は、前月の締め処理がされているか、または、

  「支払先」マスタの「最終締日」の設定年月日、「発注先部門」マスタの支払先設定等を

   ご確認ください。

 

◆ (支払)締め処理

1. 締め処理には、以下の方法があります。

 ① 通常締め(一括) - 全支払先を「事前に登録されている締め日」で一括で処理

 ② 通常締め(個別) - 支払先を指定して個別に作成

 ③ 先締め    - GW・年末年始の対応として、締め日前に支払書を作成

 ④ 都度締め   - 即金・現金仕入の支払先に限定した締め処理

 ⑤ 追加締め   - 先に発行した支払書とは別に支払書を追加発行

 

2.会計メニューより「支払データ作成」ボタンをクリックすると、「通常締め(一括)」画面が表示されます。

3.画面上部のメニューバーより、該当の締め処理を選択し「作成」ボタンをクリックください。

<通常締め(一括)>

 

<通常締め(個別)>

 

<先締め>

 

<都度締め>

   ※「締め日」「支払日」は手入力できます。

 

<追加締め>

 

◆ 支払書の発行

1.発行漏れ防止の為、必ず、前項「締め処理」後は、下図の[一括支払書発行]をクリックし発行してください。

 

2.支払書は、PDFファイルで作成されます。

  ※ この段階で「発行済み」扱いとなります。再発行は「支払一覧」より行って下さい。

 

「請求書」取り消し

操作説明書 請求管理 販売編

➢ 「請求もれ」や「請求内容の訂正、変更」を行う際に実行します。

➢ 取り消し後は、再度、「請求データ作成」から行って下さい。

注) 但し、「請求内容の訂正、変更」については、販売確定後の伝票修正、削除は

   出来ませんので、「販売入力」より「赤黒伝票」の作成にてご対応ください。

   (オプション機能搭載システムを除く)

1.「会計メニュー」より「請求書取り消し」ボタンをクリックし、下図の画面を表示します。

2.「請求書No.」を入力し「確認」ボタンをクリックします。

3.「この請求書を取り消します」をチェックし、「取り消し」ボタンをクリックすることで取り消しが完了します。

2019年02月15日

【締め処理 (売上)】「請求データ」作成 /「請求書」発行

操作説明書 請求管理 販売編

注) 「販売一覧」で未確定伝票が無い事をご確認ください。

注) 請求書が発行できない場合は、前月の締め処理がされているか、または、

  「請求先」マスタの「最終締日」の設定年月日、「得意先部門」マスタの請求先設定等を

   ご確認ください。

 

◆ 締め処理

1. 締め処理には、以下の方法があります。

 ① 通常締め(一括) - 全請求先を「事前に登録されている締め日」で一括で処理

 ② 通常締め(個別) - 請求先を指定して個別に作成

 ③ 先締め    - GW・年末年始の対応として、締め日前に請求書を作成

 ④ 都度締め   - 即金・現金売上の請求先専用の締め処理

 ⑤ 追加締め   - 先に発行した請求とは別に請求を追加発行

 

2.会計メニューより「請求データ作成」ボタンをクリックすると、「通常締め(一括)」画面が表示されます。

3.画面上部のメニューバーより、該当の締め処理を選択し「作成」ボタンをクリックください。

<通常締め(一括)>

 

<通常締め(個別)>

 

<先締め>

 

<都度締め>

   ※「締め日」「入金日」は手入力できます。

 

<追加締め>

 

◆ 請求書の発行

1.発行漏れ防止の為、必ず、前項「締め処理」後は、下図の[一括請求書発行]をクリックし発行してください。

 

2.請求書は、PDFファイルで作成されます。

  ※ この段階で「発行済み」扱いとなります。再発行は「請求一覧」より行って下さい。

 

「入金予定一覧」/「入金入力(入金付け)」/「入金一覧」

入金管理 操作説明書 販売編

➢ 「入金付け」作業は、請求書の発行前に行います。

➢ 「入金付け」は「入金予定一覧」もしくは「入金入力」より行えます。

➢ 「入金予定一覧」は「期間」で絞込む事で「請求先別当月入金予定」「当月入金総額」等

  が容易に閲覧できます。

➢ 「入金一覧」は「請求先」で絞込む事で「請求先入金履歴」としても利用できます。

 

◆ 「入金予定一覧」から「入金入力」を行う場合

1.会計メニューより「入金予定一覧」ボタンをクリックします。

2.請求先CD・請求先名 等で絞り込み検索を行います。

 

3.検索結果より「請求先CD」もしくは「請求先名」をクリックすると、「入金入力」画面が表示します。

4.「入金日」「入金項目」「入金額」を入力し、「確定」ボタンをクリックし完了します。

 ※ 入力結果は、入金一覧へ反映されます。

 

◆ 入金内容を変更する場合

1.会計ニューより「入金一覧」表示し、「入金伝票No.」もしくは「請求先CD」「請求先名」をクリックし、「入金入力」画面を表示させ訂正入力します。

 

 

◆入金伝票を削除する場合

1.「入金一覧」画面より対象伝票の「選択」欄にチェックを入れ、「伝票削除」ボタンをクリックし完了します。

2019年02月08日

「仕入伝票確定」

仕入一覧 仕入伝票確定 仕入管理 仕入編 操作説明書

➢ 「仕入一覧」より操作を行います。

➢ 「発注入力」から入荷確定されたデータと「仕入入力」から作成されたデータが

    表示されてます。

 

◆ 仕入伝票確定をする

1.業務メニューより「仕入一覧」ボタンをクリックします。

2.絞り込み条件検索で対象伝票を表示し、対象伝票の選択欄に✔を入れたら、

  「伝票確定」ボタンをクリックし完了します。

  ※未確定伝票は、支払対象データへ連動しませんのでご注意ください。

「入荷確定」

入荷一覧 入荷管理 操作説明書

➢ 発注入力で作成された「発注データ」が、入荷データとして自動連携します。

 「入荷一覧」より操作を行います。

 

◆ 入荷確定をする

1.業務メニューより「入荷一覧」ボタンをクリックします。

2.各種帳票(入荷予定表、入荷検品リスト等)が出力できます。

 

3.「入荷一覧」で入荷対象を絞込み後、各「入荷詳細」画面から発注内容と入荷状況を確認し、「指定ロット」「賞味期限」があれば入力し、OKであれば「入荷確定」ボタンをクリックし完了します。

 

 

◆ 入荷数に不足、欠品が生じた場合

1.「入荷詳細」画面より入荷数の変更を行います。

 ※ この時、発注残伝票が自動的に作成されます。(自動分納伝票作成機能)

   注残伝票が不要な場合は、「発注一覧」より伝票削除を行ってください。

「仕入一覧」

仕入一覧 仕入伝票確定 仕入管理 仕入編 操作説明書

◆ 「仕入一覧」画面

➢ 検索機能付き「仕入台帳」です。

➢ 「入荷済み」となった伝票と「販売入力」より入力された伝票が表示されます。

➢ 「未入荷伝票」「相手先伝票NO.」「分納時の元伝NO.」が一目で分かります。

 

 

<主な機能>

・伝票NO. 発注先 仕入先 期間 商品 等の掛け合せによる絞り込み検索

・「チェックリスト」出力

・仕入明細の確認・変更

・仕入伝票確定

・伝票削除

・最終行には、絞り込み結果の金額計を表示

「仕入入力」新規、変更、修正

仕入入力 仕入管理 仕入編 操作説明書

◆ 新規登録の場合

注)入力対象は、自社在庫として入荷されない伝票や「返品」伝票となります。

  また、月間の業務委託費、事務手数料、システム使用料 等も対象となります。

1.業務メニューより「仕入入力」ボタンをクリックし、画面を表示します。

 

<主な機能>

①入力アシスト - 発注先や商品を入力する際の検索入力機能

 

◆ 修正、変更するの場合

1.「仕入一覧」より該当の伝票をクリックし、仕入詳細画面を表示します。

  プルダウンから「編集」を選択し、修正、変更が可能です。

 

2.内容の更新が完了したら、「確定」ボタンをクリックし完了となります。

 

 

◆ 削除するの場合

1.「仕入一覧」より伝票削除ができます。

  対象伝票を選択し、「伝票削除」ボタンをクリックしてください。

  注)「仕入確定済み」伝票の削除はできませんのでご注意ください。